日本語コミュニケーション協会【NiCA】は、ONiT口頭ビジネス日本語試験の第三者試験評価機関です

一般社団法人日本語コミュニケーション協会

一般社団法人日本語コミュニケーション協会
 

一般社団法人日本語コミュニケーション協会(NiCA)とは?

 

NiCA(ナイカ)の目的

 

 当協会は、ONiT口頭日本語試験の非営利第三者試験評価・認定審査機関として、
日本につながる世界中の人々並びに次代を担う若者たちのコミュニケーションの向上と
増進に寄与することを目的とします。

 

 

NiCA(ナイカ)の事業

 

 NiCAは、第三者評価・認定審査活動を通じて、ONiT口頭ビジネス日本語試験の
信頼性の維持、向上を目指します。

 

 

scheme

 

NiCAの役割

 

 

 

 

ONiT口頭ビジネス日本語試験とは?

scheme

 

 

 ONiT(オニット)口頭ビジネス日本語試験は、主に日本語を母語としない方を対象とした、ビジネス場面における日本語の口頭能力を測定する試験(CBT)です。問題は音声や画像で提示されます。
 ONiT実施団体のアイシーアイ(外部サイト)が実施しています。

 

 

 

ONiTの3つの特長

 

ビジネス場面に特化

 仕事をするうえで基本となる「報・連・相」や電話応対、聞き手に対する配慮をしながら話す力、自分の考えを創造し、まとめたうえで効果的に話す力等、ビジネス場面(外部サイト)に沿った実践的な口頭能力を測ります。

 

レポート

 

受験者の特性が分かる詳しい評価レポート

 評価レポート(外部サイト)には、12個の異なる課題に対する達成度合いをスコアやグラフを用いて分析的に分かりやすく表示しています。受験者の得手・不得手の確認に大変有効です。

 

6つの分析的な評価観点

 「聞き手への配慮」「発音」「文法」「語彙」「流暢さ」「構成」の6つの観点で分析的に評価(外部サイト)を行って、わかりやすくフィードバックするので、口頭能力のバランスを確認できます。

 

ONiTウェブサイト(外部サイト)

 

 

 

ONiT活用のメリット

 

受験者は、ONiTでビジネスで使える日本語力を客観的に証明できます。

 

企業は、ONiTで現場で使える日本語人財の見極め・ミスマッチの低減ができます。

 

日本語教育機関は、ONiTをビジネス日本語力の強化や就職支援に活用できます。

 

 

 

scheme

 

ONiT活用のメリット(外部サイト)

 

 

このページの先頭へ戻る

 

 

NiCAの役割
協会概要
情報公開
お問い合わせ
個人情報保護

ONiT公式ウェブサイト (外部サイトに移行します)

受験についてはONiTウェブサイト

onit



ホーム サイトマップ